学校法人愛隣学園 取手幼稚園

 取手幼稚園では週に一回、子ども礼拝を行っています。また、月に1回、園だよりを発行しています。ここでは、毎週の子ども礼拝と、毎月の園だよりの、園長から子どもたちへのメッセージを掲載しています。

園長のおはなし

2月の「園だより」から

 ♪きたかぜぇ~こぞうのかんたろう~♪「かんたろー!」幼児組の元気な歌声が響きます。この声が本当にかんたろうまで聞こえたのかと思うくらい急に風が冷たくなりました。それでも日中の太陽が出ている時間には園庭で元気に遊びます。園庭の「みんなのはたけ」のキャベツとブロッコリーはそろそろ収穫の時期のようです。そのキャベツの葉には沢山の虫食いの穴!「わぁ。いっぱいたべてるねぇ。きっとおいしいんだね。」乳児組の子どもたちも覗き込みます。園庭に氷が張れば大歓声!「おもしろい。この形」「冷たい!」「持って帰る」などなど。本当に子どもには自然と一緒になって楽しめる力があります。これこそがセンス・オブ・ワンダー(神秘さや不思議さに目を見張る感性)なのでしょう。この感性、残念なことに大人になる過程で様々な知識を得ることで薄れていくといわれています。身近にこの素晴らしい感性を持つ子どもたちがいる私たちはなんて幸せなのでしょう。今日も子どもたちと一緒に外へ出て空を見上げてみようと思います。冷たい風、その中にふとかおる春の匂い、耳をすませば小さな虫がキャベツの葉を食べる音が聞こえてくるかもしれませんね。

《園長 小林路津子》

マタイによる福音書 5章16節
『あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。』
「園長のおはなし」のバックナンバー

学校法人 愛隣学園 幼保連携型認定こども園 取手幼稚園

茨城県 取手市 小文間 4188 TEL:0297-72-3160 FAX:0297-72-4917

Copyright © 2015 All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている画像・文章等の転載・二次利用等は、お断りいたします